工場で使われる熱交換器

熱交換器と聞いて普通の人はピンと来ないかもしれませんが、これは主に高熱を冷却する装置です。冷たいものを温める機能はあまりありません。どうして高熱を冷却する機能が必要かと言うと、工場などでエネルギーを使って機械を動かすと、一般的に熱を帯びるからです。帯びた熱はそのままにしてしまうと機械が故障したり壊れてしまいます。

実際にはその前に安全装置が作動しますが、それでも止まってしまうのは工場にとって痛手です。なのでひたすら熱を生み出し続ける機械を冷却し、動き続けてもらうために熱交換器が使われるのです。工場ではなく一般家庭にも熱交換器はあります。まず冷蔵庫がそのもので、気温より低い温度を冷蔵庫内に送っています。

冷蔵庫は冷たくするものなので当然なイメージがありますが、あとエアコンも熱交換器を用いた家電と言えます。エアコンは夏場には冷房として使用します。暖かい空気を冷却し送り出す事で室内の温度を低くするので、まさに熱交換器と言えるでしょう。掃除機やパソコンも、機械が運動する事で熱を帯びます。

掃除機は排気しながら動きますが、あれも冷却しながら熱を出しているので、同様の動きを行っていると言えます。掃除機は負荷が掛かると熱を帯びていき、いずれは止まってしまいます。そんなに長い間使わない機械なので良いのですが、それぐらい機械は動かすと熱を帯びるものだという事です。パソコンはずっと動かすものですが、実は排気に非常に力をいれており、冷却はそれだけ重要なのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *