実はよく使われている熱交換器

熱交換器は日常的には耳にしない言葉ですが、エアコンなどの身近な製品に使われている部品です。熱交換器は、温度の異なる流体のエネルギーを効率的に移動させ、それらを交換することが出来ます。一般的な熱の伝導は、熱いところから低いところへ流れますが、その性質を利用して流体の加熱や冷却を行うのです。熱交換器の機能は、主に工場のボイラーや蒸気発生器で活用されています。

より生活に身近なものである場合はエアコンや冷蔵庫などが、一般的です。わかりやすいのはエアコンで、これは室内機と室外機のふたつに分かれています。このふたつの間には、実は流体が入っているのです。ただの水ではなく、特殊な性質を備えた流体で温度が上がると気化しやすいという性質を持っています。

エアコンの室内機に入ってくるのは、液体です。入ってきた液体は、室内の熱に反応することで気体へと変化します。このときに発生する気化熱は、室内の熱を奪うのです。その気化熱によって空気が冷やされ、冷たい冷気がエアコンから流れてくる仕組みとなっています。

そして気化した流体はそのままエアコンの室外機に戻ります。屋外に戻り熱を放出すれば、流体は再び液体に戻るのです。こうした動きを行うのが熱交換器の役割と言えます。エアコンの動きが実は複雑で、内部ではさまざまな仕組みが活用されているのです。

熱交換器はこうして冷蔵庫にも使用され、家庭用のボイラーなどにも役立っています。工業製品として必要となるのは、言うまでもありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *