熱交換器の用途は多様に及んでいます

熱交換器はあらゆる分野で使用されており、保有する熱エネルギーの異なる流体の間で熱エネルギーを交換するために使われます。産業用で言えばボイラーは排熱の利用で蒸気を発生させるため加熱用に用いられ、熱交換器の代表とも言って良いです。「蒸気発生装置」とも呼ばれ、ボイラー排ガスの熱を利用する仕組みとなっています。加圧水原子炉では、一次冷却系の熱を使って2次冷却系の軽水を沸騰させることで蒸気タービンを回して電気を起こしています。

熱交換器は重要な役割を果たしており、食品製造や化学薬品の製造冷蔵保管の工程でも利用されているのです。冷却する、加熱するといった工程や冷凍に越交換器が活用されています。空気を調和させる装置で暖房・冷房に用いられる送風機とエアフィルター付きの熱交換器もあります。エアコンの室内機はこの仕組みを利用したものです。

船舶や自動車で用いられる熱交換器は、小型軽量で振動や衝撃に強いものが使われています。自動車においては、ラジエターやインタークーラー・オイルクーラなど様々な形で組み込まれているのです。最適な設計で運転する際に経済的であることが求められ、異なる2つの流体間でそれぞれ設計圧力と設計温度に耐えられるものでなくてはなりません。省エネルギー行うためには熱の段階的利用や回収による再利用が求められており、適切な管理とメンテナンスを施して最良の状態で稼働させることが求められているのです。

熱交換器のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *