マルチサイクロンとは何か

マルチサイクロンは、高圧気流による遠心力を使用して集塵された粉末からごみとそうではない物を振り分ける装置になり、主に工場や工事関係のお仕事で使用される機器です。

納入先としては、粉じん処理工場や化学薬品工場、食品工場が挙げられ、空気圧の力で製品や粉塵の中に紛れる物体を取り分けることが可能で、高圧の風を使用して粉じんを機器に通すことで物体の重さごとに内容物を分けることが出来ます。この時、マルチサイクロンにはフィルターを装着することが可能で、有害物質などが発生する物を振り分ける場合、フィルターを通すことで無害化することが出来るためフィルターを通して化学物質をふるい分けることも可能です。この場合は、フィルターはそれぞれの粉塵から発生するガスに対応した物を取り付けて使用をすることで装置の利用者の安全を守ります。

有害となる物を無害に換えることや資源を分別する際に使用されるのがマルチサイクロンになり、食品のトレーを分解した物をふるい分けることも可能です。マルチサイクロン自体はメンテナンスを必要とする機器でメンテナンスを行わなかった場合、ふるい分けるべきものが内部に対流しふるい分けることが出来なくなるという問題が生じます。製品によっては自動で内部をクリーニングする製品もあり、自動でジェットクリーニングを行い、内部の漂流物を取り除く製品もありますがクリーニングをしなければマルチサイクロンの機能はだんだんと衰えていくことには変わりはないので定期的に清掃を行う必要性はあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *