マルチサイクロン技術の用途

マルチサイクロンとは、小型のサイクロン機器を2つ以上並列に並べたものを指します。

小型のものを複数台並べれば並べるほど集塵性が高く、気流と気流がぶつかることで生じる吸引力の低下(圧力損失)も低いため効率性が高いのも特徴。エネルギー効率が高い集塵方法であり、最も一般に知られているのは掃除機の「マルチサイクロンテクノロジー」と呼ばれるものではないでしょうか。吸引力が変わらない掃除機として、一躍有名になったことは記憶に新しいかと思います。実はこのマルチサイクロン技術は、家庭で利用する掃除機以外でも幅広く利用されています。例えば工場などでの排気ガスから発生する粉塵を、効率的に集める仕組みでも利用されています。工場では機械の加工や燃焼によって、さまざまなチリや燃焼によって生じる化合物が発生します。環境基準においても屋外へ排出させる濃度基準は決まっていて、それを遵守しなければなりません。

廃棄の際にフィルターを用いる方法がありますが、どうしても取り換えにコストがかかり環境にも優れているとは言えないのが実情です。このためこのマルチサイクロン技術を用いて大部分の粉塵を効率よく集め、残りの粉塵をフィルターでこしとることで、効率的にかつ効果的に汚れた空気をきれいにする技術が発達してきました。最近ではこのような機器も小型化・高性能化しており、大きな処理量に対しても小さなスペースでも高い集塵効率が得られるようになっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *