マルチサイクロンの特徴

マルチサイクロンとは旋回気流によって、粒子を分離することができる集塵機のことです。

その含塵ガスはガイドベーンを通る際に加速されて、サイクロン内部で下降旋回流になります。ダストについては遠心力を受けて外筒で旋回流と一緒に下降します。そのダストはコニカルの開口部分からホッパーへ排出されるといった形です。旋回流に関してはサイクロン内部を旋回上昇して、排気筒を通って清浄ガスとして出されます。このマルチサイクロンは付属装置と併用することもできます。堆積する粉体にクリーニング装置を付けることが可能です。マルチサイクロンの高集塵効率を保ちたい場合、排出するための装置をシール性が高いダブルフラップダンパーにしてください。ダブルフラップダンパーや付属装置の仕様また材質も色々ありますから、製品ホームページなどを参考にし最適なものを選択しましょう。

ダブルフラップダンパーや付属装置のオーダーメイドも可能ですから、求める機能もしくは設置スペースに合ったものを注文してください。処理したいガスの種類に合わせることも可能です。マルチサイクロンの形式に関しては、遠心力や重力、静電気力など外部の力を利用する流通式や、その流路にルーバーやエアフィルタといった障害になるもの物を設置する障害物式があります。障害物式の中のセラミックフィルタなどを使うものを隔壁式と呼びます。産業用の流通式である電気集塵機や隔壁式のバグフィルタも人気です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *