マルチサイクロンは小型サイクロンが集まったもの

強力な旋回気流を使い、粒子を分離する遠心力式集塵機をマルチサイクロンと呼びます。

大きなガス量に対し高い集塵効率を得ることができる複数の小型サイクロンを軸流型に束ねたもの、複数のサイクロンに分岐ダクトから均等にガスを挿入して使うものなどがありますが、サイクロン集塵機は小型タイプの方が高い集塵効率を得ることができるので、小型のサイクロン集塵機を2台以上組み合わせて使うことが多いといいます。化学製品工場や食品工場などでマルチサイクロンが使用され、焼却炉排気やボイラー排気、乾燥機排気などの役割で使われる設備機器です。ダスト(塵)を含んだガスが、マルチサイクロン上部にあるガイドベーンを通過すると速度が加速されて、小型サイクロン内部で強力な下降旋回流が発生します。ガスに含まれるダストは、内部で強い遠心力を受けるので勢いよく外側にある筒に達して旋回流により下降し始めます。

小型サイクロンの下側にはコニカル部と呼ばれる出口があるのですが、ここから押し出されたダストはマルチサイクロン下側に取り付けてあるホッパーに排出される仕組みを持ちます。サイクロン内部は反転旋回流が発生するのが特徴で、この空気の流れはサイクロンの中心部を旋回しながら上昇する性質があり、サイクロンの上側にあるオリフィス排気筒を経由して浄化されたガスが出て来くるなど、遠心力を使うことで気体などでもしっかり集塵ができることがわかるのではないでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *