マルチサイクロンはなぜ吸引力が強いのか

マルチサイクロンというと掃除機を思い浮かべる方が多いですよね。

強力な吸引力でゴミをグイグイと吸い込んでくれるため、見ていても気持ちよくなります。身近になったマルチサイクロンの吸引力が強い理由をご存知でしょうか。圧倒的とも言える吸引力の秘密が遠心力であり、サイクロン装置が巻き起こす竜巻に似た旋回気流によって、ホコリやゴミの粒子を吸引しながら分離します。マルチサイクロンと呼ばれる掃除機には、吸引装置が30基以上もあるため、どんな小さなホコリや微粒子をも残しません。また竜巻のように回転させることで、ゴミと空気を分離できるため、目詰まりが起こりにくく吸引力が落ちにくいという特徴があります。

マルチサイクロンが掃除機に使われる以前から工場の集塵装置として利用されていました。業務用の遠心力式集塵機になると戸建て程度の大きさがあり、化学製品や食品、金属粉や木粉やレジン、焼却用廃棄やボイラー廃棄、乾燥廃棄といった様々な用途で利用されていて家庭用掃除機を遥かに凌駕する性能を持ちます。また業務用であるからには廃棄対策も施されています。反転旋回流と排気筒を経て清浄ガスとして廃棄されるよう設計されているため、集塵が外気に漏れ出しません。掃除機で身近になったマルチサイクロンは、工場で使われている大規模集塵装置の仕組みと技術を家電に応用したものです。本家である工業向けでは、小さな竜巻に匹敵するような吸引力で業務をサポートします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *