排熱利用で変化する産業や生活

排熱利用を初め熱の有効活用は、省エネルギー社会の実現やムダを作らない効率的社会への転換に大きな役割を担います。

行政機関でも工場などの排熱利用を推進し、プロセスについて検討を進めており、排出ガスの温度その他回収率に基準を設けたり、保守点検の方法、計測や記録などによる管理基準の設定などを盛り込んでいます。排熱というと、どうしても高温でなければ効果がないと思われがちですが、実は低温でも利用価値は十分です。比較的高温の場合、熱交換器の利用で蒸気の熱源にしたり、直接温水として用いることも可能です。低温の場合は、水冷ヒートポンプの熱源として冷暖房に活用することができます。排熱利用の具体例をひとつ示しましょう。設備内の暖かい空気を外へ排出するのではなく、熱交換器を通して隣室の冷たい空気を取り込み、従来排出していた暖かな空気を隣室に排出することで、エネルギーの効率化が実現します。

これは熱を熱として利用する方法ですが、電力に変化する試みも造船のようなプラントで進められています。未利用熱はこれまで随分と多く、回収技術も追いついていない現実がありました。できるだけ排熱のムダを減らしていければ、電力を生み出すための必要な原料を減らせるだけに回収率の向上は急務です。化学や鉄鋼業界を初め自動車や食品、清掃工場などさまざまな分野で、排熱回収技術を導入されています。またそれを可能にする設備開発もメーカー各社が競っており、今後ますます排熱利用は進むことでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *