排熱利用ができる熱交換器の仕様

日本のみならず、世界各国で再生可能エネルギーの利用を積極的におこなうようになりました。

これは1990年後半から顕著になった温室効果ガスによる異常気象と、地球全体の平均気温の上昇という環境変化に起因しています。これらはCo2の排出によって引き起こされたものであり、2002年に京都で開催されたG7会議で2025年までに先進7か国では、Co2排出量を80%の削減を実施することを決議されるに至りました。日本の場合は排熱利用をする熱交換器の利用を政府ならびに環境省で推奨されていて、2004年からは排熱利用専用熱交換器を導入する企業や一般家庭に対して各自治体が補助金を支給しています。この排熱利用ができる熱交換器の仕組みは、熱交換モジュール内で地熱を電極に触れさせることで電気に変換させることが可能です。

これによって照明やエアコン・テレビ等の電気を作り出すことができます。排熱利用をする場合、熱交換器モジュールから約3mほど地下に専用のパイプを埋め込む必要があります。これは地熱を地上にある熱交換器へと送るためには必要な工事で、この工事費用は約60%が補助金で賄うことが可能です。家族4人の一般家庭であれば年間約2、500kwの電力を消費する計算ですが、排熱利用をする熱交換器であれば年間約3、000kwの電気を排熱で作り出せるので十分住居内の電力を確保できます。電力の使用量が減るということは火力発電所の負担が軽減されて、必然的にCo2の排出量も減るわけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *