エネルギーコストを下げる排熱利用の技術

新しく開発された技術の中に、排熱利用と呼ばれるものがあります。

これは何かを燃やした時に出る熱をエネルギーとして再利用する技術のことで、枯渇しつつある石炭や石油などに代わるものとして注目されています。排熱利用の具体的な流れは、ごみ焼却炉などで燃焼した時に生じる熱を取り出すところから始まります。その場にタービンを取り付けることができれば、熱によって回転させて電気を発生させることができます。石炭を使ったり水が落下する力を活用した発電所と同じ仕組みです。もう一つは燃やした時に生じた熱を、何かを温める際に再利用するというものです。その良い例が温水プールで、ここでは燃料を使ってプール内の水を温めるというのが一般的でした。しかし排熱利用の仕組みを取り入れることで燃料を用意する必要がなくなり、より安いコストで温水プールを実現できます。

このようにいくつかの種類がある排熱利用ですが、どちらもエネルギーコストを削減できるというメリットの点で共通しています。石油や石炭といったものはどうしてもコストがかかってしまいますが、燃やした時に出る熱エネルギーを活用すれば、劇的にコストを下げることができます。地球環境を守るという視点からも排熱利用は大きなメリットがあります。使用する総エネルギー量を抑えることができ、環境への負荷を減らすことにもつながるからです。経済を維持していく上で二酸化炭素の排出を抑えるのは難しい問題です。しかしこの技術を利用すれば、うまく解決することができると言えるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *