排熱利用 温度別での有効活用またメリット

排熱をうまく使うにはまずは、温度ごとに利用する用途が違うことについて深く知ることです。

基本排熱利用をする際は高熱の物だとおみますが、10℃以上であれば排熱利用することが可能で、例えば10℃から40℃以内の温度領域ならばヒートポンプに使うことができます。ヒートポンプとは少ない投入エネルギーで、空気中から熱をかき集めることより大きな熱エネルギーを利用すること技術のことです。蒸気の補助熱源として利用することや冷暖房の熱源とすることが可能です。例えば身近なものでこれらを利用しているものを挙げるとエアコンや冷蔵庫あと、最近ではエコキュートというものがあります。このエコキュートとは、ヒートポンプ機能を利用して空気中の熱を集める技術を使い、その熱でお風呂を沸かすことや電気給湯機のうち冷媒として使われています。

このように、低温の熱でもたくさんの機能がありとても便利だということが分かると思います。これらの技術を利用することで環境に少しでも優しくできるので排熱利用は本当に大事なのが分かります。排熱の回収を利用するとこのようなメリットを挙げることができます。新たな熱源を追加する必要がないのでラーニングコスト(運用の為の維持費)の削減になり、また、比較的資源の回収効果高いことやこれをすることにより環境にやさしくなるので再生可能エネルギーの補助金を利用することができるので(内容によりますが、約30%~60%)費用を安くできることです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *