エアコンの熱交換器 メンテナンス!修理それとも交換?

購入したころは快調だったエアコンも、年数が経過するとともにさまざまな部分に不調が現れてくるようになります。

熱交換器に汚れがたまることによる不調もそのひとつです。しかし、熱交換器というと、何となくエアコンのカタログで見た言葉だけれども、実際のところ何なのかよく分からないという方も多いのではないでしょうか。そもそも熱交換器メンテナンスはどのように行うと良いのでしょうか。熱交換器は、温度が違う空気を移動させるための装置です。

空気というのは本来温度が高いところから低いところに向かうものなので、その原理を使って温度差のある空気どうしを移動させて、冷やしたり加熱したりします。エアコンは室温をコントロールするための機械ですので、この熱交換器の働きは非常に重要です。快適にエアコンを使い続けるためにも熱交換器メンテナンスが必要になってきます。熱交換器メンテナンスの方法についてですが、専門店に任せるのが一番です。

エアコンの不調を感じたら、まずは販売店や製造元のメーカー企業に問い合わせてみましょう。状況によって、修理する場合と交換や買い替えをする場合に分かれてきます。購入後1年くらいしか経っていないときは、メーカーの保証期間内である場合も多いですので、保証の対象になるかどうか聞いてみましょう。しかし購入後7年後からは、修理するよりも交換や買い替えの方が安く済む場合もありますので、見極めが必要になってきます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *