熱交換器 メンテナンスについて

熱交換器メンテナンスでは、プレート式熱交換器が単純な構成をしているので、セルフメンテナンスにとても適していると言われています。

ですが、熱交換器メンテナンスは方法を間違うと、流体の漏れや能力不足の原因になるともされています。なので、熱交換器メンテナンスは、手順に沿って実施することが大切です。そんなメンテナンスの手順ですが、まず、メンテナンス前には準備が必要です。機器内の圧力が下がっていることを確認する必要もあるでしょう。

そして、機器内の流体は十分に排出させておきましょう。機器周辺の養生を行うことも大切です。それから、メンテナンスに必要な部品が揃っているかのチェックも行って下さい。また、トラブルが発生している時にはその時の発生箇所や度合い等の様子を記録しておきましょう。写真や動画での撮影がお勧めです。

更に、機器納入時に付属していた取り扱い説明書はよく読んで、作業を開始することも忘れてはなりません。そして、伝熱プレートの端部は鋭利ですので、専用の手袋等の保護具を着用して、安全に十分注意して行いましょう。そして、機器の開放の段階では、締めつけボルトに付着した異物の除去をした後、潤滑油を塗布して下さい。それから、プレート式熱交換器を固定している締めつけボルトを徐々に緩めて下さい。E.フレームをガイドバーサポートまで動かして、伝熱プレートを抜き取るスペースを確保しましょう。ちなみに、E.フレーム側に配管があるパターンでは先に配管を取り外し、作業を行うことになっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *