熱交換器 メンテナンスと原因について

熱交換器メンテナンスとは、熱を排出または冷却する機構をメンテナンスして整備するお仕事や作業のことを指します。

一般的に熱交換器とは冷暖房の様に熱を放出したり冷却したりする部分の機構のことを指し、車で言えばラジエーターのような機構のことです。熱交換機メンテナンスを行う重要性についてですが、熱交換機は何もメンテナンスをしなかった場合、交換機部分がうまく大気を冷却したりを放出したりすることができなくなります。

このことは熱交換効率と呼ばれ熱交換器メンテナンスを行わなかった場合、失われてしまう熱交換器が持つ効率が低下することを指しています。熱交換器の温度を放出、または冷却する効率が落ちた場合、エアコンで言えば暖房が効かない、冷房が効かないといった問題が生じ、その割には電気代が上がるなど機械の効率そのものが低下してしまいます。

そこで機械が持つ熱の交換効率を高めるために必要な処置が熱交換器メンテナンスの作業になります。メンテナンス方法としては熱を交換するヒートシンク部分を特殊な薬剤で洗い、不純物を落とすことで冷却機構のヒートシンクの熱の放出効率や冷却効率を上げたり、冷却機構内の冷却パイプを通る水を循環させるポンプを交換するなどをして熱交換器メンテナンスを行います。これら、熱交換器メンテナンスは、メンテナンス知識を持つ人間がとり行い、場合によっては熱を交換する機構そのものを新しく交換するなどの作業を担う必要性があり、専門の知識を持つ方以外は故障の原因となるため水からメンテナンスをすることはできないです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *