水をろ過するためのろ過器

ろ過器とは水槽内などの水をろ過するために水槽などに取り付ける装置のことをいいます。

ろ過フィルターや水中ポンプ、ろ過装置などとも呼ばれます。水槽の中の水は魚のフンやエサの食べ残しだけでなく、水草が枯れてしまった葉っぱなどが原因となって、それらから発生するアンモニアなどの有害物質などによって時間が経つごとに汚れていってしまいます。そのままにしておくと、その汚染物質により、中の生き物などが死んでしまう可能性があるため、きれいな水に保つためにろ過器を使用します。

ろ過器には3つの種類があります。1つは物理ろ過です。水の中のフンや水草が枯れてしまった葉っぱなどのゴミを網やスポンジなどで引っ掛けて取り除くという方法となります。目に見えるくらいの大きなゴミであれば物理ろ過で取り除くことができます。2つめは化学ろ過です。水槽を立ち上げ始めた時に濁りや黄ばみがよく発生しますが、そのような際に原因となる物質を吸着して分解するように作られた、活性炭やゼオライトなどの素材を水の中に入れることで水をろ過する方法となります。

3つめは生物ろ過です。ろ過器の中でも一番重要な機能ということができるのがこのろ過バクテリアによる生物ろ過となります。フィルターの中にバクテリアなどの微生物の住処を作って、そこに定着したバクテリアなどの好気性細菌の作用によって水の中の不純物や有機物や有害物質などを取り除くという方法になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *