日本でVIO脱毛が浸透しない理由

いわゆるデリケートゾーンの脱毛のVIO脱毛。

VIO脱毛は脱毛サロンの人気部位、ワキ脱毛に次いでひそかな人気を誇るとも言われていますが、実際のところあまり浸透しているように思えません。実はこれには日本特有のある事情が関係しているようなのです。それが温泉です。温泉はもちろん一糸まとわぬ裸で入ります。最近では混浴のスパなど水着着用のところも増えていますが、昔ながらの効能なども期待する温泉はもちろん裸です。この際にアンダーヘアがないと恥ずかしいというのです。

アンダーヘアがない、つまり遊んでいると思う風潮が日本にまだ根強く残っているからでしょう。それに日本人は黄色人種、つまり白人とは違って色素沈着しやすいのでお人形さんのようなきれいな色とならないことが多いのです。また日本には保守的な男性が多いのもVIO脱毛が浸透しない理由の一つです。アンダーヘアがない、処理している女性は遊んでいると思われるのです。もちろんそうでない先進的な男性も増えてはいますが、まだまだ日本ではアンダーヘアはあって当然という風潮のようなのです。

デリケートゾーンと言うように、この部分はデリケートなのでアンダーヘアがあってもいいかもしれません。ただ、それによってムレや痒みなどの衛生面での問題が発生したり、おしゃれに支障をきたしたり、パートナーとの関係が上手くいかないようであるなら処理をした方がいいとも言えるのです。VIO脱毛というとツルツルにするイメージですが、毛量を減らすだけという脱毛法もあるので、アンダーヘアが気になる方は一度考慮してもいいかもしれません。

横浜で全身脱毛するならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です